独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

資格

アパート経営に役立つ資格とは?【宅建・不動産実務検定・管理業者主任者・マンション管理士・賃貸不動産経営管理士・FP】

投稿日:

皆さん、こんにちわ。

今回は、アパート経営に役立つ資格について解説していきます。

アパート経営に興味がある、不動産資格に興味があるという方、ぜひともご参考にして頂ければと思います。

賃貸アパート購入・契約フェーズで活かす資格「宅地建物取引士」

アパート経営だけでなく、自宅の購入でも活かせるのが「宅地建物取引士」こと「宅建」です。

不動産取引をする全てのケースで役に立つ資格です。

宅建士しかできない「独占業務」というものがあり、

  • 契約相手への重要事項説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約書への記名・押印

といった業務があります。

不動産取引をする上で、押さえておくべき事項を理解し、学ぶことができる資格です。

借主様と契約する上で問題がないか、リスクがないか、自分の観点でもしっかりチェックできるスキルが身につきます。

宅建は、民法、法令、土地建物の構造など、不動産取引に関わる全般の知識を学習できる最も定番な資格です。

アパート経営において、もっとも使う宅建の知識は、契約における知識です。

宅建の具体的な勉強法はコチラ👇

素人サラーリマンが仕事をしながら3カ月で宅建に合格した効率的な勉強法

賃貸アパート経営フェーズで活かす資格①不動産実務検定

あまり知られていない資格ですが、不動産実務検定「旧称 大家検定」は、不動産大家さん向け、不動産投資家向けの資格として、不動産経営の基礎的な知識が学べる資格なんです。

不動産実務検定2級では、アパート満室経営にむけて必要な基礎知識を学びます。

具体的には、税務、ファイナンス、満室経営維持に必要な管理実務知識、賃貸借契約の種類と締結方法、賃貸経営に関わるリスクへの対処法、コンバージョン・リノベーションといった事項を学びます。

これらに即答できないと一度は目を通す価値ありです。

不動産実務検定1級では、よりファイナンス的な知識として不動産投資に関する知識を学びます。

具体的には、ライフプランニングに応じた投資スタイル、不動産投資実務全般、不動産の調査、不動産関連法規、借地取引の基礎、競売の実務、事業収支計画、税務、ファイナンス、建築構造といった分野です。

アパート経営において、経営フェーズにおいて最も使える資格が「不動産実務検定2級」の学習内容です。満室経営に向けてやるべき基本的事項を押さえましょう。

不動産実務検定とは?コチラ👇

不動産投資・経営の入門が学べる「不動産実務検定」とは?

賃貸アパート経営フェーズで活かす資格②賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸借契約を中心に、主に賃貸物件の運用管理上で使う法律、設備等の基礎知識を学びます。先に宅建を学習していれば、少しの追加知識を追加すれば取得できるおすすめ資格です!

賃貸貸借契約、設備管理、敷金原状回復など使える知識盛りだくさんです。

賃貸不動産経営管理士の勉強法はコチラ👇

40時間で賃貸不動産経営管理士に合格する勉強法

賃貸アパート経営フェーズで活かす資格③管理業務主任者

管理業務主任者はマンション管理に関する国家資格です。

マンション管理業者が、マンション管理をする際、管理組合へ重要事項の説明や報告をします。

宅建と似ていますが、管理委託契約に関する独占業務があり、以下のような業務が行えます。

  • 契約相手への管理委託契約に関する重要事項説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 管理委託契約書への記名・押印
  • 管理事務報告

管理業務主任者の資格学習を通して、マンション管理業者の立場から、マンション管理適正化法など法令知識や、建物設備管理の基礎知識を学びます。

マンションクラスの物件を経営する場合は、参考になる知識です。

管理業務主任者の勉強法はコチラ👇

素人サラリーマンが管理業務主任者に合格する効率的な勉強法

賃貸アパート経営フェーズで活かす資格④マンション管理士

マンション管理士とは、マンション管理において、マンション管理組合の立場から、管理規約の作成や修繕計画の作成、居住者への違反行為・滞納への対応などを行う国家資格です。

アパート経営よりは規模が大きくなりますが、マンションクラスの物件を管理するなら知っておくべき知識を学ぶことができます。

賃貸アパート経営フェーズで活かす資格⑤FP

ファイナンシャルプランを立てるにあたって知っておいた方がいい知識が幅広く学習できます。FPはお金の管理全般を学ぶ資格なので、アパートの資金管理だけでなく、自己資産の管理にも役立つ資格です。

FP2級の勉強法はコチラ👇

ファイナンシャルプランナー(FP 2級:AFP)を独学で取得した勉強法

アパート経営をするにあたって最も必要な知識

これまで紹介した資格は、アパート経営を行うにあたって主に、法的な知識やファイナンシャルな面において役に立つ知識を学ぶことができます。

一方で、実際にアパート経営をしていくと、最も時間と労力をさくのが、維持メンテナス作業です。

壁が劣化した、アパートの各種設備が壊れた、植栽が枯れた、定期な掃除、ごみ集積の管理・・・などなど、地道な維持管理作業がメインなのが現実です。

特に、メンテナス修復に関する知識が最も必要な実用的知識です。

劣化具合を適正に把握し、適切に処置していく。

まさに実践を通した維持メンテ作業です。

アパート経営を行うにあって新築アパートよりも、中古アパートを経営する方の方が多いと思います。

人も健康診断や人間ドックを受けて定期的な健康具合をチェックすることが長生きの秘訣です。

アパート物件も同じです。

定期的な維持管理メンテをしっかり行い、長く経営できる不動産物件にしていくことが大切です。

アパート経営をしている方、これから関心のある方、上記資格にチャレンジしてみよう!と思ったら、上記の効率的な勉強法を紹介しておりますのでぜひとも参考にしてみてください!

-資格

Copyright© 独学ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.