独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

資格

10時間でドローン検定3級に合格する独学勉強法

投稿日:2020年8月5日 更新日:

独学ライフ
独学ライフ
今回は、人気急上昇資格「ドローン検定」です。低価格&軽量ドローンが普及し、一気に利用者急増中です。


皆さん、こんにちわ。

今回は、ドローン検定3級に独学で合格したので独学勉強法を紹介します。

 

ドローン検定とは?

ドローン検定は、ドローン系資格では国内唯一の資格(民間)です。

ドローン操縦に必須な資格というわけではありせん。

しかし、低価格なドローンが市場に出るようになって気軽にドローンを操縦できるようになった昨今では、航空法などの規制をきちんと理解した上で、ドローンを操縦する必要があります。

ドローン検定は、ドローン操縦にあたり、ぜひとも身に付けておくべき知識を学べる資格です。

ドローン検定試験概要

試験概要

・筆記試験:ドローン検定1級~4級の4種類があります。

初受験の場合は、3級もしくは4級から受験することができます。

・技能試験:筆記試験のみの1~4級とは別に、4種類の技能検定があります。

技能試験は筆記試験の3級取得者であることが受験資格になります。

多くの方が、ドローン検定は4級を飛ばして3級から受験される方が多いのが実態です。

ここでは実際私も受験した3級について解説します。

ドローン検定3級試験

・試験日:年6

・試験時間:2時間(マークシート方式)

・合格基準:100点満点中80点以上

・合格率:7割程度

合格率7割以上の資格試験なので、試験対策本をきちんとやれば合格できる資格です。

ドローン検定3級で学ぶこと

ドローン検定3級では、

・ドローン本体、操縦器に関する説明、知識

・気象や簡単な物理の力学

・航空法や電波法など法規制

といった内容をざっと学習します。

ドローンで遊ぶにせよ、知っておいた方がよい知識が体系的に学べます。

ドローン検定3級の独学勉強法

20207月ドローン検定3級を受けてみた実感として、

50問中

46問:公式テキストで見たことある問題

3問:公式テキストで見たことあるが選択肢がテキストと違う問題

1問:全く初見の問題

つまり、公式テキストを理解してテキストの問題さえこなしていれば合格できる試験です。

ドローン検定3級の独学テキスト

学習は、以下の公式テキスト(問題掲載あり)1択です。

ドローン検定3級の独学手順

ドローン検定の独学は以下の手順で進めます。

1巡目:まずテキストを読んで理解する。章末の問題をやってみる(計5時間)

2巡目:1巡目と同じく、テキストを読んで、章末問題をやってみる(計3時間)

3巡目:これまで間違った問題のみをやってみる(計1時間)

4巡目:これまで間違った問題のみをやってみる(計0.5時間)

・直前 :覚えきれていない言葉の理解、暗記に集中(計0.5時間)

ドローン検定は、やれば取れる資格です。

楽しいドローン生活にぜひとも正しい知識を!

ドローンの購入を検討なら

世界最大のドローンメーカーといえば、「DJIドローン」

DJIドローンの正規販売店として実店舗が大阪の北浜にオープンしました。
西日本では唯一のDJI認定ストアです。
価格が安いホビーユースのドローンから、空撮のプロが使用するドローンまで幅広く取り揃えております。
また、ドローンだけではなく、滑らかな映像が撮れるスマートフォンスタビライザー、4Kカメラスタビライザーなども取り揃えております。

気になる方はコチラ👇

-資格

Copyright© 独学ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.