独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

資格

最高な独学を実現する最高な体のメンテナンス

投稿日:2019年5月12日 更新日:

皆さん、こんにちわ。

これまで最高な独学を実現するには、

・最高な独学環境を見つけること

・最高な2つの体作り【筋トレとボイトレ】

について紹介してきました。

今回は、3つ目の取り組み、「最高な独学を実現する最高な体のメンテナス」について書きたいと思います。

「最高な2つの体作り」の回では、体の外面と内面から体を「強化」していく話を掲載してきました。

今回、お伝えする内容は、体を強化するのと合わせて、常日頃の体を「チェック」する大切さについてお伝えします。

皆さん、体のチェックやってますかー?

体のチェックと言えば、毎年1回健康診断受けていますかね?

私は、病気で既に父を亡くしていることもあり、29歳から、健康診断よりももっと詳しくチェックする人間ドックを毎年受けています。

20代からで毎年、年に1度病院に人間ドックを受けに行ってますが、この年齢から受けに行く若者は私くらいで浮いています^^;

正直申しますと、親族が病気で若くして亡くした等、特別な理由がない健康な皆さんはやる必要はないと思います。費用も病院によって様々ですが日帰りコースで5万円前後/回はかかると思うので・・・。

しかしですね、人生1度も受けたことない人は1度は受けてみる価値があるかと思います。

「体作り!」と言えば、筋肉とか脂肪を減らすとか、外から見てわかりやすい部分については自分でも意識しやすいと思うんです。でも、体の内部、臓器の状態、血液の状態などはわからないし、若いうちはそこまで意識しないですよね。

当の私は、体系はやや痩せ型、筋トレは定期的に継続しているので、見た目はなーんにも問題ないし、健康体かと思っていました。

が、しかし!

始めて受けた人間ドックの結果を見て、唖然!!

臓器各部、血液の状態、いろんなところで、悪い結果が・・・、そして再検査判定のオンパレード・・・。

正直びっくりでした。

ということで、今回は、検査結果項目のうちの1つ、コレステロール値についてお話をしたいと思います。(ほかにも多数ボロボロでしたが)

こちらが、私の毎年のコレステロール値の経緯の結果です。

ここで問題なのは、「LDL」がほぼいつも基準値オーバーなんです!

LDL値が高いと、血液がドロドロになり、血液の中で固まって、動脈硬化となり、心筋梗塞で、突然、バタン・・・・・、と将来なるリスクが高まります。

筋トレしているし、運動も多少しているのになぜ~~??

LDL値が高い要因の1つとして食生活が問題なケースがあります。

LDL値を上げる食品ばかり食べている、ということです。脂肪分が多いバターやチーズ、糖類、菓子類、アルコール・・・。逆に不足しているのが、魚、大豆、食物繊維、緑黄色野菜・・・だったり。

基準超えしているけど、「まっ、いっか!」と放置していると、36歳の時に、精密検査勧告が・・・。

ということで、専門医へ行き、薬で数値を下げる生活がスタートします。しかも、

「これから人生、ずっと飲み続けなさい・・・」

と言われショック・・・。

そして翌年は薬の効果もあってか、ぐんと下がりました。

でもね、どうしてもこの薬生活が苦手なので、医者と相談し、

「薬なしで頑張りたい!、なんでもやります!」

と進言し、運動や食事の仕方などの改善に努め、薬なし生活にトライしました。

そして、ドキドキの1年後の検査では、残念ながら基準値超え・・・。でも全盛期!?よりは下がっているので、薬なし生活で食い止められないか、3カ月に1度、個別に検査を行いつつ、データを収集し、血液ドロドロ度検査をした結果、数値はやや高いものの、血液じたいはサラサラ!だったので、いったん薬生活から解放され、

「しばらく薬なしで様子を見てましょう!」

ということで現在に至ります。

試行錯誤しながら、体を整える一連の取り組みは現在進行形です。

今回お伝えしたいのは、若くても、見た目ではわからないのが体の内部です。

最近は、食事がコンビニやデリバリーで便利になった反面、かなり偏りのある食生活を送っている方々は多いと思います。

私は、普通に長年一人暮らしの中、毎食、定食屋で野菜をとってバランスよく食べているよ~と思っていましたが、この結果です。

ということで、皆さんも1度、体の内部、チェックしてみてはいかがでしょうか?

最高な独学は、最高の体のメンテナンスから生まれます。

-資格

Copyright© 独学ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.