独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

資格

最高な独学を実現する2つの体作り

投稿日:2019年5月7日 更新日:

皆さん、こんにちわ。

GWも気づけばあっという間でしたが、今日も独学頑張ってますかー?

今回は、最高な資本=体を整える方法について記載したいと思います。

最高な独学を行っていくためには、以前ご紹介したように最高の環境(場所)を整えるが1つの重要なポイントでありました。

ここでは、最高な独学を実現するための次なる重要なポイント、

最高な資本=体

について、体の外面からと内面の2つの視点から整える話をしたいと思います。

体の外面から整える筋トレ

1つ目は、皆さんもすぐ想定できること、運動、筋トレです。

はい、もちろん、筋トレを継続的に行っていくことは体作りにはとても大切なことです。

ビジネスマンでも多くの方が、仕事の合間、休みの日に筋トレに勤しんでおります。

ここでは、具体的な筋トレ方法については解説しません。

筋トレは重いものを持ち上げたりして、体の外面から負荷をかけることで、強化していく作業です。

筋トレは、血流を全身に巡らせ、頭も体もリフレッシュでき、同時に自身の体も強化でき、見た目もカッコよくなり、日々少しづつやればやった分だけ進化を確認できる作業ですので、モチベーションも維持しやすく、とても体によい行いです。

体の内面から整えるボイトレ呼吸法

2つ目は、体の内面から整えることです。

それは呼吸を整えることです。

前回、伝える力として声を整えるトレーニング、ボイストレーニングの話を掲載しましたが、発声の基本となる呼吸を整えることが2つ目の重要なポイントです。

よくラジオ体操なんかで「深呼吸~~」をやるシーンがありますが、あれは胸を膨らます胸式呼吸の深呼吸です。

ここでは、胸式呼吸ではなく、おなかで呼吸をする、いわゆる「腹式呼吸」のことを言います。

腹式呼吸で吸った空気を15秒ほどかけてゆっくり声を「ア~~」と発生しながら、空気を出し切ります。

これを何度か繰り返すと、びっくりするくらい、体がぽかぽかしてきます。

これは体の副交感神経が刺激されて、全身に内面から血液が巡らされるからなんです。

ヨガでも同様なことをやっていたりします。

ボイストレーニングは、このように呼吸を整えて体も整え、さらには伝える力も向上する、ビジネスマンの自己スキル向上策には、もってこいのトレーニングです。

筋トレによる体の外面からトレーニング、ボイストレーニングでの呼吸による体の内面からのトレーニング、この両面から整えること。

最高の独学は最高の体作りから生まれます。

-資格

Copyright© 独学ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.