独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

コワーキングスペース

コワーキングペース巡り 神戸「way out」で独学です。

投稿日:2019年8月12日 更新日:

皆さん、こんにちわ。

さて、今回も引き続き、最高な独学環境を探しに、暑いお盆は穴場である都会のオアシス「コワーキングスペース巡り」です。

今回ご紹介するのは、神戸のメガコワーキングスペースの集積地、磯上エリアに立地する、スタイリッシュなコワーキングスペース「way out」で独学に励んできたので、そのレポートをしたいと思います。

神戸にコワーキングスペースが多い訳

さて、大阪の次いで関西第2の都市、神戸にはコワーキングスペースが非常に多くあります。

2019年度現在、日本一人口流出が多い都市という不名誉なタイトルを獲得し、関西では、ビジネスの集積は神戸よりも大阪が圧倒的です。

そんな神戸市では、スタートアップの集積・定着及びイノベーション拠点施設の整備を促進するため、平成30年度より兵庫県と連携して、補助制度を開始しました。

「イノベーション拠点立地促進補助制度」と呼ばれる補助制度であり、審査に合格したコワーキングスペースは、賃借料や整備費などの助成金を受けることができるのです。

その結果、神戸には大阪では建設が難しいと思われる規模の巨大コワーキングスペースが続々と立地することになりました。

全日営業のコワーキングスペース「way out」

さて、お盆休みのこの期間、コワーキングスペースによっては夏季休暇中のところが結構あります。

そして本日812日(祝日)は、大阪、神戸のコワーキングスペースは軒並み休業日です。

そんな中、大阪神戸を見渡しても数少ない開業しているコワーキングスペースがこの「way out」です。

特に、ドロップインとしてコワーキングスペースを利用している独学層にとって、結構日曜祝日関わらず、全日開業しているコワーキングスペースは貴重な存在です。

コワーキングスペース「way out」の様子

way outは、テーブル席、ふかふかソファーのカフェスタイルの席、靴を脱いで和風スタイルの窓側席、ファミレス型スタイルの席など、多様なスタイルの席がありますので、その時の気分に応じて席を移動し、自由に独学に励むことができます。

way outは、席数も多くて広く、非常にオシャレで、まさに今どきのイケてるオフィススタイルです。ドリンクサーバー完備、そして1週間分の日経新聞や雑誌も完備。こんなに充実した設備なのに、利用者がそれほど多くありません。神戸三宮中心街から少し歩くからでしょうかね。もったいなすぎです。

ぜひとも独学層には、おススメの独学環境です。

コワーキングスペース「way out」のドロップイン情報

  • ドロップ利用可能:9:00-21:00(全日)
  • ドロップイン料金(税別):700円/2時間、1,500円/日
  • way out WEBページ

-コワーキングスペース

Copyright© 独学ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.