独学ライフ

素人サラリーマンが仕事をしながら様々な資格を取得した独学勉強法、資格の活かし方について解説します。

資格

TOEIC独学勉強法を活かした英会話の勉強法

投稿日:2019年4月28日 更新日:

皆さん、こんにちわ。

今回は、以前ご紹介しましたTOIECの勉強を活かして、国内にいながら素人による英会話勉強法について記載したいと思います。

「英会話」を始めよう!というモチベーションがあるタイミングは、海外旅行に行く、外国人と話したい、仕事で必要、など動機は人それぞれですが、共通していることは、「英語を使ってコミュニケーションをしたい!」という点だと思います。

そこで、多くの方が「英会話教室」に通おう!と入会し、毎週一定の回数だけ教室に通い、1回1時間程度のレッスンを受けて帰る、というサイクルを繰り返し、上達を目指して頑張っていると思います。英会話教室のよい点は、やはり気軽に入りやすい、英語に気軽に触れ、外国人と交流ができる、という点だと思います。また教室に通う代わりに、スカイプなどを使ってオンライン英会話教室では毎日30分ほど低価格でレッスンを受けられるサービスも多く出てきました。

ここでポイントなのが、これら英会話レッスンの中で、自分がどれだけ英語を話しているか?です。私も以前、まだTOEIC学習を始める前に、DMM英会話を毎日やっていた時期がありました。レッスンの中では、教材に沿って講師とコミュニケーションをとるわけなのですが、30分のレッスンの中で自分が話した言葉としては、「~。OK!・・・。」「Yes,・・・・」に終始留まる状態でした。相手の言ってきたことに対して反応するので精いっぱい・・・。

そうして気づいたことは、「英会話をしている気分になる」ことでいつも満足していたのです。

これでは、なかなか上達までの道のりは長いです。

では、もっと短期に英会話レベルを上げるにはどうしたらよいのでしょうか?

英会話にも基礎練習が大事です。

基礎練習とは、TOIECでの学習で身に着けた英単語やリスニング力です。

TOIECの独学勉強法では、TOEIC対策本で出てくる文を何度も何度も聞いて、音読、音読、音読します。

そして、TOEIC試験のメリットは、ほぼ毎月試験が行われ、随時TOEICスコアを確認することができるので、常に自分のTOEICレベルを第三者へもわかりやすく表現できること、さらに目標とするTOIECスコアをクリアすることで社内昇進の資格を得ること、転職基準をクリアすること、などこれまでTOEICスコアを取ることを第一としたTOEIC独学勉強法をこのサイトでも記載してきました。

TOEIC独学勉強法に関する掲載はコチラ↓↓

そして、今回は、これまでやってきたTOEIC独学勉強法を、英会話の基礎練習として活かすことこそ、本来の「英語を話す」という目的には有効です。

TOEIC独学勉強法を活かすこと、つまり、特定のフレーズの音読を繰り返し、それを会話の中で完コピ、引用するんです。TOIECはビジネスシーンの会話が多いですが、基本的な動作、つまり聞いて音読、聞いて音読、この作業を反復する基礎練習はどのシーンでも変わりません。

もし、英会話をする目的が、海外旅行で話したい!、外国人と気軽に友達になりたい!など、それぞれ利用するシーンに応じて、そこで使われるフレーズを音読、音読、音読。そして実際の会話では音読したフレーズを引用し、少しずつレパートリーを増やしていくことをコツコツやるんです。

以上、TOIEC独学勉強法により点数も取れ、英会話学習の基礎練習として活かしながら、英会話を学ぶ方法について掲載させていただきました。





-資格

Copyright© 独学ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.